本文へ移動

若松瀬戸 ブリのえさやり体験

実は東京や大阪にも出荷されている五島の養殖魚

複数の島々で成り立つ新上五島町の中でももっとも美しいリアス式海岸で知られる【若松瀬戸】。
全国の釣師の間では大物の海魚が連れることで有名ですが、海面養殖の一大産地としても知られています。
地元の水産会社がブリやクロマグロ、ヒラマサなどを養殖し、東京などの大都会や海外へ出荷しています。

若松瀬戸 ブリのえさやり見学クルーズ

若松瀬戸には無数の養殖いかだが浮かびます。ブリの場合は1つのいかだに約4,000匹が入っています。                                 小型クルーズ船でいかだに近づき、間近でブリのえさやりを見学できます。漁船からえさを投入すると、海面が盛り上がり、ブリがえさを捕食する迫力満点のシーンを目撃できます。

・期間: 通年(定休日無し) ※前日までに要予約

・集合場所:若松港ターミナルに現地集合、現地解散

・時間:①9:00頃出発 ②14:00頃出発 (所要時間60分)

・料金:1人 2,500円 (原則2名以上受付)・定員人数:2名~10名                                                                                                                                                                                           

お問い合わせ先:若松瀬戸クルージング「遊食館」(若松ターミナル内)                                                             ☎090-8661-0484                                          

平 義彦(Taira Yoshihiko)

五島列島の魅力は人です。

私は「たのしい おいしい うつくしいが、人の心を動かす」をモットーに広報コンサルタントとして全国で活動しています。2016年4月から19年3月まで計3年間、新上五島町で暮らしました。同町を含む五島列島の島々はアジアに通じる東シナ海に面し、美味しい魚介、遣唐使船の歴史、由緒ある神社仏閣、世界文化遺産登録で脚光を浴びるキリシタンの歴史と教会群、そして、大物狙いの海釣りが有名です。近年は都市部からの移住者の外国人旅行者も順調に増えています。
文字通り、魅力満載の五島列島ですが、「最大の魅力は何ですか」と聞かれれば、「島で暮らし続ける人々」と答えます。島の人々は暮らしの知恵を持ち、地域の人々と協和しながら生きています。心豊かな島の人々と旅行者との「心の交流」をサポートします。特に個人旅行では、地元のキーパーソンから地元の‟旬ネタ”を聞き出すことが大事。五島列島の魅力や美味いお店、歴史遺産、体験型観光ツアー等お気軽にお問い合わせください。  

お問い合わせ

滞在型コーディネーター 平 義彦 090-1514-5644

お名前 ※必須
ふりがな ※必須
電話番号 ※必須

※例:095-828-3125 または 0958283125
メールアドレス ※必須
希望連絡先 ※必須
郵便番号
(例)850-0035 or 8500035
住所

お申込み・お問い合わせ内容 ※必須
TOPへ戻る